CONTACT

カテゴリー別アーカイブ: Circuit

Joy耐 初参戦!

先日、2024 もてぎEnjoy耐久レース(7時間耐久) 、通称“Joy耐”がモビリティリゾートもてぎで開催され、RIP/RK DESIGN代表の土肥がHCM UCHINO RACINGチームのDドライバーとして初参戦いたしました。


HCM UCHINO RACINGは、土肥が参戦しているN-ONEオーナーズカップのレース仲間で構成されたチームで、5月に開催されたS耐富士24時間レースで見事初出場で完走を果たしました。
それから約1か月半、今度はもてぎに集結し、7時間耐久レースを戦います。


参戦マシンはS耐の時と同じ「HCM☆内野製作所☆FL5DL」、ベース車両は現行のFL5型シビック タイプR。クラスは、Class 8。
今回は「HCM☆内野製作所☆DL・FIT」との2台体制で、このGK5型FITは去年に続いて2年連続でのJOY耐に参戦となります。 クラスはFIT1.5チャレンジ。


シビックのドライバーはS耐の時と同様、全員がN-ONEオーナーズカップ参戦ドライバーです。
今後のスーパー耐久参戦へ向けてのテストとトレーニングが主な目的なので、コースアウトや接触などに注意し、レギュレーション違反も無いように、順位は気にせず最後まで走り切ることを目指します! 


FITのドライバーも全員がN-ONEオーナーズカップ参戦ドライバー。


午前9時ちょうどに、7時間耐久レースがスタート。
この日は、梅雨の中休みで真夏並みの猛暑とも戦いながら、16時のゴールを目指します。


レギュレーションで、1回の給油量は25Lに制限されているので、燃費走行しつつ、順位争いをしなくてはならず、走行にはかなり気を遣います。


その上、気温は37度。 耐火スーツとヘルメットを着用し、エアコンのない車内でのドライビングは本当に大変。熱中症との闘いも。


給油はパドック裏の給油所で行います。
給油エリア入り口からエンジンを切り、チームスタッフが手押し車両を移動させて給油を行います。
給油回数が多ければ多いほどタイムロスが嵩みむため、燃費が成績にかなり影響します。

フィットなどに比べラップタイムが速くても燃費の厳しいFL5では、タイムロスがやはり大きかった…。
結果はクラス3位ですが、総合ではかなり後ろの方でした。
しかしながら、ノートラブルで完走できたことは、今後のS耐参戦に向けてポジティブな結果です!

2台並んでのチェッカーは嬉しいですね!


初めてのJoy耐は、暑すぎて大変でしたが、いい経験になりました。
また今後の耐久レースに活かせればと思います。
参加された皆様、お疲れ様でした!
RIP/RK DESIGN広報の原でした。

S耐 富士24時間レース 初出場!

国内唯一の24時間レース、スーパー耐久(S耐)富士24時間レースが先日開催され、代表の土肥がHCM UCHINO RACINGチームのDドライバーとして初参戦させていただきました。


HCM UCHINO RACINGは、土肥が参戦しているN-ONEオーナーズカップのレース仲間で構成されたチームで、給油スタッフやサポートメンバーも、N-ONEオーナーズカップを通じて集まった仲間たちが担当。


参戦マシン名は「HCM 内野製作所 FL5」、ベース車両は現行のFL5型シビック タイプRです。
ドライバーは、全員がN-ONEオーナーズカップ参戦ドライバーであり、4名がシリーズチャンピオン経験者というメンバーの中に入れていただきました。


HCM Uchino Racingとしての初参戦レースが24時間、車両もシェイクダウンホヤホヤの新車となる今回の目標は、「無事故・無違反で完走!」
コースアウトや接触などに注意して、レギュレーション違反も無いように、順位は気にせず最後まで走り切ることを目指します!


5月25日15時に、いよいよ24時間という長いレースがスタート!


並み居るプロや、経験豊富な常連チームに交じり、土肥も先輩N-ONEレーサーと共にゴールを目指します。


日が暮れて、富士スピードフェイが暗闇に包まれた20時からは恒例の打上花火です。
今年から(?)かなりワイドに、スケールアップしました!


花火辺りまでは比較的順調でしたが、深夜には雨が降り出し、トランスミッションも不調になり、ペースの上げられない走行が続きます。


チームの的確な指示、ドライバーの対応、給油スタッフ、サポートメンバーなど沢山の方のおかげで、トラブルを抱えながらも何とか完走することができました!
ゴールの瞬間は、とても感動しました!


順位はクラス7位でしたが、初参戦で完走という貴重な瞬間に立ち会えて、とても嬉しく思います!
N-ONEオーナーズカップのご縁に感謝です。
参加された皆様、お疲れ様でした!
RIP/RK DESIGN広報の原でした。

スーパー耐久 富士24時間レース 公式テスト参加

5月8日、代表の土肥が富士スピードウェイでのスーパー耐久の公式テストに参加いたしました。


というのも、今月の5/24(金)〜26(日)に開催される富士24時間レースに、ドライバーとして出場することになったからです。
土肥が2年前から参戦しているN-ONEオーナーズカップで知り合った選手やレースサポートをしていただいているHCM様から今回HCM UCHINO RACINGチームのドライバーとしてお誘いいただいたため、初挑戦することになりました!
HCM UCHINO RACINGチーム紹介↓
HCM UCHINO RACING

ドライバーは、土肥を含めて6名。
皆さんN-ONEオーナーズカップでの上位陣で、もてぎEnjoy耐久レース、通称「Joy耐」などの耐久にも参戦されています。
ドライバー、メカニックなど経験豊富な方ばかりなので、土肥は皆さんのアドバイスを聞きながら臨みます。


マシンは、HCMさんが製作のCIVIC TYPE R(FL5)。 参戦クラスはST-2クラスになります。


カーナンバーは36。 RK DESIGNのステッカーも貼っていただいています!


この日は、各ドライバーが順番に交代で練習走行を重ねます。


土肥はシビックに乗るのがこの日初めて。


まずは、マシンに慣れることを目標にラップを重ねます。


数周したらピットに戻り、ドライバー交代です。


給油も慎重に確認しながら、作業をされていました。


そして、初めての夜間練習走行。 私自身、初めて見ました。


24時間ならではの光景ですね。
撮影するものとしては、マシンの識別が難しくて苦労しました💦

今回のテストでは、大きなトラブルなく、無事に練習を終えることができました。
ドライバーやメカニック、サポートメンバーも含めて参加されているスタッフの数が多く、給油、夜間走行、ケータリングなど、改めて、やはりこれが耐久レースなんだと感じました。
本当にいろいろ大変です😅


本戦は、5/25(土)15時スタートで26(日)15時がゴールとなります。
土肥にとって初めての24時間耐久レース、まずは完走を目指して頑張ってもらいたいと思います。
冷静な判断力も必要ですが、とにかく体力勝負です。
私も24時間、いつ撮影して、いつ寝るのか悩みどころですが、本戦を楽しみたいと思います。
RIP/RK DESIGN広報の原でした。

鈴鹿サーキット チャレンジクラブ

先日、代表の土肥が鈴鹿サーキットのスポーツ走行会、チャレンジクラブにお客様と一緒に参加させていただきました。 


春になり、温かくなって初めてのチャレンジクラブとあって、全体的に参加台数も多めです。
今年はF1日本グランプリが4月開催だったので、チャレンジクラブの開催日が少なく(4月は2日のみ)、参加台数が集中しているようです。


RIPのお客様も計9台集まりました。 


皆様、2本(1本30分)走行される予定です。


今回はアバルトの参加者が多く5台が参加。 こちらの695と124スパイダーが4台。


代表の土肥はマクラーレン600LTで。
今年初めてのチャレンジクラブです。 年末以来、約4か月ぶり。


スタッフ高橋のGR86も合わせ、RIP関係者は合計11台での参加となりました。


この日は終日曇っていたので、暑すぎず比較的過ごしやすい日でした。


各ドライバーそれぞれのレベルに応じたクラスで走行されました。

特に大きなトラブルもなく、皆様にとって充実した時間となったようです。
また多くのお客様と楽しく走れたらと思います。
参加された皆様、お疲れ様でした!

鈴鹿サーキット 2分14秒880!

先日の走行会で代表の土肥は、RK DESIGNマクラーレン600LTで走行しました。


この600LTは、RK DESIGNのエアロパーツにより、純正以上にダウンフォースを得られるようカスタムしています。


RK DESIGNのエアロパッケージは、フロントノーズ下部から取り込んだ空気をSダクトを通してボンネット上面に排出し、ボディ上面を通って空気を効果的にリアウイングに導くことで、ダウンフォースを発生させ、タイヤを強力に地面に押し付ける働きをしています。


ウイングは、ステーを取り付け、ハイマウント化しています。
Sダクトからの空気の流れをより効率的に受け止めることが可能となり、更なるダウンフォースが得られ、コーナリングスピードが上がりました。 また車両の前後バランスが改善され、より自然なドライビングができる感触を得ることができました。


ブレーキは、2ピーススチールローターと専用パッドを組み合わせた、ROTORAのRDK(Replacement Disk Kit)を引き続き使用しています。
とてもフィーリングが良く、踏み始めからしっかり効きます。 純正のカーボンローターと比べるとコスパもいい!
サスペンションは純正ダンパー+KWの車高調整機能付きスプリング(HAS)を使用。
様々な車高とアライメントを試しながら600LTを仕上げてきました。
そして、今回出たタイムは、2分14秒880。


その時の車載動画がこちら!

エンジンやコンピュータ、吸排気系には手を加えず、エアロと足回りだけのライトチューンでどこまでタイムを伸ばせるか?
動画を見返すとたくさんミスしているところもあるので、まだまだイケるはず。
今回のタイヤは、ナンカンCR-Sでしたが、A052やフージャーを履いたら・・・今後の可能性を感じますね!
13秒台、12秒台を目指して、マシンもドライビングもセッティングもさらに改善していきます!

RIP/RK DESIGN広報の原でした。

走り初め!鈴鹿サーキット走行会!

先日、RIPのお客様を中心とした有志メンバーによる走行会が鈴鹿サーキットで行われました。
参加された皆様が主催者という形で、企画的なモノは一切なく、純粋に各々のドライビングスキルの向上を目標とした走行会です。


お手伝いのスタッフは、日の出頃に到着。 朝焼けが綺麗でした。


今回は鈴鹿サーキットのフルコースを2時間占有。 車両のスペックやドライバーの経験値によりハイパワーカー中心のAクラス、ライトウェイトスポーツのBクラスに分かれ、それぞれ1時間ずつ走行します。


各車タイムアタック開始! 迫力がありますね!
Aクラスは自己ベスト更新を目指すドライバーが多く、周回数は少なめです。
ウォームアップ→アタック→ピットイン→セットアップ調整という流れを繰り返す車両がほとんどです。


台数が少なく、クリアラップが取りやすいのはプライベート走行会の醍醐味。


こちらは、BAC Monoという珍しい1名乗りの軽量スポーツカー。


代表の土肥もRK DESIGNマクラーレン600LTで走行しました。


クラスが変わって、Bクラスの走行です。


装着したパーツのテスト、ドライビングスキル向上のための練習など、各ドライバーの目的に合わせてラップを重ねていきます。


エンジンへの負担の少ない気温の低い時期という好条件もあり、皆さん良いラップタイムが出たようです。
ベストラップを更新できた方が土肥を含め、複数おられました。 中には約3秒近く更新できた方も。
参加された皆様にとって、有意義な時間となったようで、車両製作に携わらせて頂いてる我々も嬉しく思います。
新しい年が明けて、RIPにとっても幸先の良いスタートになりました!
今年もRIPは皆様と共にサーキット走行を楽しんでいきたいと思います。

RIP/RK DESIGN広報の原でした。

RIP走行会 in 鈴鹿サーキット

11月16日、RIP主催の走行会 “JUST BALANCE Thanks Day in Suzuka 2023”を鈴鹿サーキットで開催させていただきました!


朝早くから約80台のお客様にご参加いただきました。 誠にありがとうございます。


今回はプロドライバーの福山英朗氏、阪口良平選手、三浦 愛選手よるトークショーを開催!
エピソードトークを楽しみながらビュッフェスタイルのランチを堪能していただきました。


またお客様のご子息で、カートレースの全日本ジュニア選手権で今年チャンピオンとなった小学5年生の元田 心絆(シンバ)選手を皆様にご紹介させていただきました。


今シーズンの活躍により、日本代表及びアジア代表に選出されました。
来月にバーレーンで開催される世界戦にアジア代表として参戦するシンバ選手。
RIPとしても応援をさせていただきます!


午後からは、いよいよ走行です。
RIPのデモカー、マクラーレン765LTと600LT、アルトゥーラが先導車を務めました。


全車一斉に慣熟走行をし、並走写真を1台ずつ撮影させていただきました。
なかなか撮ることができないコース上での走行写真、どの車もサーキットを走る姿は、カッコいい!


また、途中でコース上に停車し、サーキットを歩いたり写真を撮ったりと貴重な体験を。


メインストレートでは、全車両の集合写真を初めて撮影。 今回のために横断幕も作成しました!
綺麗に並んでいただき、ありがとうございます!


さらに今回は、初めてリーダータワーに走行会のロゴを表示していただきました!
こういうのがあると、やはり盛り上がりますね!


フリー走行は、サーキット走行の経験値により、クルージング、ビギナー、ハイの3つのクラスに分かれて実施。


お客様同士楽しく走行されているのが見ていると分かって、嬉しかったです。


プロドライバーの同乗体験走行も実施いたしました。
お客様の車両で、プロドライバーによるドライビングを助手席で体験し、今後のご自身の走行に役立てば嬉しく思います。


ご参加いただいた皆様からは、「走行会でランチビュッフェって初めて!」や「コースを歩いたり、写真を撮ったりと貴重な経験でした!」、「並走写真が楽しみ!」など、嬉しいお言葉を沢山頂きました!ありがとうございます!

運営・進行に関しましては、不慣れで不行き届きなところが多々あったと思いますが、ご参加いただいたお客様、ご協力頂きました企業様、鈴鹿サーキットのスタッフの皆様のお陰で、今回も大きなトラブルはなく、皆様の笑顔を見ることができてスタッフ一同、とても嬉しく思っています。本当にありがとうございました!

毎回ですが課題もありましたので、反省を活かして、今後もより良いRIPらしい走行会をまた開催できるように努めたいと思います。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

McLaren TRACK DAY in SUZUKA 2023

McLaren TRACK DAY in SUZUKA 2023が、10月5日(木)に鈴鹿サーキットで開催されました。
このイベントに弊社代表の土肥が、デモカーの600LTで参加させていただきました。
今回の参加は、一部改良したウイングのシェイクダウンテストを兼ねています。
お隣の600LTが純正状態ですので、比較するとかなり大型化されていることが判ります。
ステーを長くして、GTウイングのようになりました。
ガーニーフラップも装着し、ダウンフォースを稼げるようなセッティングで臨みます。
他のグループには、シートを取り付けさせていただいた765LTのS様がおられましたので、撮影させていただきました。
ピットの一角には、最新のマクラーレン 750Sが展示されていました。
搭載するV型8気筒4.0リッターツインターボエンジンは、最高出力552kW(750PS)/7500rpm、最大トルク800Nm/5500rpmを発生。
720Sのデザインから、さらに洗練された印象ですね!
午後からは、マクラーレンのプラグインハイブリッドカー アルトゥーラの試乗会がありました。
午後のフリー走行では、徐々にペースアップ。
新型ウイングによるダウンフォース増加も感じられ、土肥としてもまずまずのタイムが出ました。
感触も良く、鈴鹿のようなコースには合っているようです。
今回のトラックデイでは、新型ウイングのテストをしつつ、いつものように沢山のマクラーレンオーナーさんとの交流も楽しく、有意義な1日を過ごさせていただきました。
参加された皆様、お疲れ様でした!

鈴鹿サーキット チャレンジクラブに参加!

先日、代表の土肥が鈴鹿サーキットのスポーツ走行会、チャレンジクラブにお客様と一緒に参加させていただきました。


参加されたお客様は、今年からアバルトチャレンジに参戦を開始された、124スパイダーのA様。


ワンメークレース仕様のTOYOTA86のB様。


そして今回、チャレクラでは初めてご一緒させていただくマクラーレン765LTのS様。


土肥も久しぶりにマクラーレン570Sで、お客様と一緒に走行します。


今回の走行は、タイムアップや課題克服というよりは、楽しむ事をメインに走行されていました。


サーキットで走るという事は、非日常的な体験です。
アクセルをベタ踏みして、公道では出せないスピードを出す。サーキットが広いためもあって、それほどスピード感を感じない、不思議な感覚。
そんな非日常な速度域で、いかに自分の思いどおりにクルマを動かすか。
少しでも思いどおりに動かせると、とても楽しく感じる。
そんな感覚を味わいたくて、今回も非日常的な体験を求めてやってきました。


とにかく皆さん、走るのが楽しくて仕方ないようです。笑


楽しい時間を共有して、リフレッシュできました!
参加された皆様、お疲れ様でした!

RK DESIGN 600LT&570S&720S マクラーレントラックデイに参加!

McLaren TRACK DAY in SUZUKA 2023が5月25日(木)に鈴鹿サーキットで開催され、2名のお客様と共に弊社代表の土肥が参加させていただきました。

今回はコースコンディションが不安定でしたので、お客様には無理ない程度に楽しんでいただきました。
また沢山のマクラーレンオーナーさんとの交流させて頂き、楽しく有意義な1日を過ごさせていただきました。
参加された皆様、お疲れ様でした!